2018.05.24
 

*注意*ハードウェア・サービス・プロバイダーに連絡してください。

Question

DSPLOGで見慣れないメッセージを見かけました。
「*注意*ハードウェア・サービス・プロバイダーに連絡してください。」と、出ています。 アテンションランプも点灯しています。何か重大な障害でしょうか、どのように対応すればよいでしょうか。

Answer

基本的にはハード保守を行っている会社に連絡をしてください。

但し、緊急性の低い「キャッシュバッテリー切れ」の警告の場合もありますので、必要に応じて落ち着いて確認をしてください

以下は、キャッシュバッテリーの場合の確認方法です。切れる前に警告を出しますので、予め確認しておくと、切れるタイミングや、いつ警告が来るかが解り、交換のタイミング等計画を立てることができますので、是非参考にしてください。
※キャッシュバッテリーが完全に切れてしまうと、パフォーマンスが著しく悪くなる恐れがありますので、切れる前に必ず交換をしてください。

【確認の手順】

  1. 始めにSTRSSTと入力し、実行キーを押します。
  2. ヒント03
  3. システム保守ツール(SST)と変わりますので、1の保守ツールの開始を選択します。
  4. ヒント04
  5. 7のハードウェア保守管理機能を選択します。
  6. ヒント05
  7. 9のキャッシュバッテリーパック収容資源の処理を選択します。
  8. ヒント06
  9. 資源の横に5のバッテリー情報の表示のオプションを入れ、実行します。
  10. ヒント07
  11. バッテリー情報が確認できます。
  12. ヒント08

この画面で警告までの推定時間(日数)とエラーまでの推定時間(日数)を確認してください。 「ハードウェアの・・・・」とメッセージが出ているようであれば既に警告のタイムリミットに なっていると思います。 完全に切れる前にハード保守会社に連絡を行って交換を計画/実施をしてください。

ページトップ

ボタン