メニューボタン
製品・技術情報2019.02.14

CLプログラムでファイルを読む方法について

Question

夜間処理でデータを保管しています。 独自の営業カレンダーを使用して、日によって保管パターンが異なる運用をしようと考えています。

日付によってコントロールをしたいのですが、CLプログラムで物理ファイルを読むことは出来ますでしょうか。

Answer

CLプログラムでファイルを読む方法は以下のURLにサンプルと共に記載されています。

ファイル受信 (RCVF)

https://www.ibm.com/support/knowledgecenter/ja/ssw_ibm_i_73/cl/rcvf.htm

例3)


DCLF   FILE(INPUT)   OPNID(INFILE1)
:
RCVF   OPNID(INFILE1)
MONMSG   CPF0864  EXEC(GOTO EOF)

上記をご参照ください。

レコード件数の多いファイルの場合は、RPGやILE-RPGを別途ご用意されることをお勧めします。

また、結果を記録するような場合は、データエリアを使っても便利かも知れません。

使用方法や内容につきましては以下のURLをご参照ください。

データ域の使用

https://www.ibm.com/support/knowledgecenter/ja/ssw_ibm_i_73/rbam6/dtaas.htm

多少ロジックは長くなっても、テクニックにこだわらず、後任者が解りやすいプログラムを作ることをお勧めします。

サイト内全文検索

PAGE TOP