メニューボタン
製品・技術情報2019.06.13

HMCに制限付きユーザーを作るには?

Question

弊社ではデータセンターにシステム装置を置き、システムのヘルスチェック(LED監視等)をオペレーターへ委託しています。 現在HMC標準ユーザーの"hscroot"を使用していますが、このユーザーではPowerSystemsやHMC自体の設定変更、電源停止等全ての操作が実行できてしまいます。

誤操作を防ぐ為にオペレーター用に機能制限を掛けたユーザーを作成することは出来ないでしょうか?

Answer

ユーザーの「タスク・ロール」を権限の低いものに設定することで、HMC上のユーザーに制限をかけることが出来ます。

※HMCのバージョンに依りGUIの表示が異なりますが、選択するメニュー名称は同じです。

  1. "hscroot"でログインします。
  2. 操作画面
  3. [ユーザーおよびセキュリティー] - [ユーザーおよびロール]を選択します。
  4. 操作画面
  5. [ユーザー・プロファイルおよびアクセスの管理]を選択します。
  6. 操作画面
  7. [ユーザー] - [追加...]を選択します。
  8. 操作画面
  9. 必要な設定項目を入力・選択して[OK]を押します。
  10. 操作画面
    ユーザーID作成するユーザー名
    説明作成するユーザーの用途等
    認証通常はローカル認証
    パスワード作成するユーザーのパスワード
    パスワードが期限切れになるまでの日数パスワードに有効期限を設定する場合の有効化チェック及び日数
    管理対象リソース・ロール通常はAllSystemResources
    タスク・ロールhmcviwer

    ※HMCに直接接続された実機のコンソールモニターだけでなくweb経由でもこのユーザーを使用する場合は、[属性]を選択して"Webを介したリモート・アクセスを許可"にチェックを入れて[OK]を押します。

    操作画面
  11. ユーザーが作成されたことを確認します。
  12. 操作画面

    作成されたユーザーでログインできることを確認してください。

接続されたPowerSystemsのアテンション状況等の表示は確認出来ますが、停止/起動等の操作は出来なくなっています。

※コマンドを入力できるとシステム停止などを実行できる為、5250コンソールの画面も使用できない様になってしまいます。

コンソール画面(DSP01)での運用確認等がある場合は、従来どおり"hscroot"をご利用ください。

サイト内全文検索

PAGE TOP