メニューボタン
製品・技術情報2019.07.22

HTTPServerにPUTメソッドを許可したい

Question

弊社ではセキュリティ上、FTPと統合ファイルシステム(以下、IFS)の共有化を利用していません。しかしユーザーにはファイルをIFS領域にアップロードさせる必要があります。 探したところ、HTTPServerを経由してPUTメソッドを許可すると、アップロード操作が可能と見受けられました。

どのように設定すればよろしいでしょうか。 設定のためにHTTPServerは新たに下記赤枠のものを用意しました。

スクリーンショット

Answer

HTTPServerへPUTメソッドを許可するには、何に対してPUTメソッドを許可するか、目的によって設定が変わります。今回はGUI上でファイルをアップロードできるようにする時の設定箇所についてご案内いたします。

まずご認識の通り、これはIBMi(AS/400)に限らずApacheサーバー全般に言えますが、デフォルトでPUTメソッドは許可されていません。(GETとPOSTのみ許可されています。)

したがって、PUTメソッドを許可するためにはHTTPServerの設定を変更する必要があります。

それでは実際に、設定画面を見てみましょう。

個別のHTTPServer設定画面にて、画面左側コンテナー管理を開きます。

スクリーンショット

コンテナー管理画面を開きましたら、「サーバー・エリア:」を、PUTメソッドを要求したい箇所に変更してください。

その後、中画面の「制限」タブに切り替えます。

スクリーンショット

「追加」をクリックし、下記のように制限除外をしてみましょう。

スクリーンショット

「OK」もしくは、「適用」を実行しますと、制限除外として追加されていることが確認出来ます。

スクリーンショット

以上で、IBMi(AS/400)側の設定は完了となります。

サイト内全文検索

PAGE TOP