メニューボタン
製品・技術情報2019.06.27

Navigator for iでPPP回線記述を作りたい

Question

IBM i(AS/400)でPPP回線記述の設定が必要になりました。 以前は System i ナビゲータ で作成できたかと思いますが、Navigator for iでも作成可能なのでしょうか。

作成可能であれば今回も手順を画像付きで教えていただけませんでしょうか。

Answer

はい、Navigator for iでもPPPの回線記述作成は可能です。

回線記述の作成に入出力システム構成(*IOSYSCFG)特殊権限が必要になります。

管理者権限ユーザーをご利用できる場合には、そちらを用いるのがよろしいでしょう。

まずは、Navigator for iに、管理者権限を持つユーザーでサインオンします。

画面左側より、「ネットワーク」→「リモート・アクセス・サービス」→「発信元接続プロファイル」を選択します。

操作画面

画面上部の「アクション」のプルダウンメニューより、「新規プロファイル」を選択します。

操作画面

新規プロファイルの作成画面が出ますので、必要項目にチェックを入れてOKを押します。

操作画面

「一般」項目で記述名を決めます。

操作画面

「接続」項目にて、「リンク構成」配下の「名前」欄に作成したいCTLDの名前を入力し、 開くを押します。

操作画面

新たに指定した名称の回線記述作成画面へ遷移します。

操作画面

ハードウェアリソースを指定し、OKしてください。

登録完了後、リンク構成の画面に戻ります。次に「リモート電話番号」配下の「追加」ボタンにて、接続先の電話番号を指定します。

操作画面

その他、特別な指定が無い限り、OKを実行することでPPPプロファイル及び、PPP回線記述が作成できます。お試しください。

サイト内全文検索

PAGE TOP