メニューボタン
製品・技術情報2019.08.01

他のIBM i (AS/400)の中のデータエリアを参照出来ませんか?

Question

弊社では日中処理の結果をデータエリアに書き出して、夜間処理でその結果を参照して処理内容を変えています。 LPARで複数区画のIBM i (AS400)が稼働しているのですが、区画1のデータエリアの内容を区画2や区画3と共有出来ないでしょうか。

Answer

DDM通信で参照されてはいかがでしょうか。 物理ファイルでDDM通信をご利用されることは多く有るかと思いますが、データエリアでもご利用頂くことが出来ます。

以下に設定例を記します。

  1. ターゲットシステム(参照されるデータエリアを持つ区画)でデータエリアを作成します。
    ※既存のデータエリアをそのままご利用頂いても構いません。
  2. CRTDTAARA DTAARA(ライブラリ名/データエリア名) TYPE(タイプ) LEN(長さ)
    画面ショット
  3. ターゲットシステム(参照されるデータエリアを持つ区画)でDDM通信の設定をします。
    ※既に設定済みの場合は必要ありません。
  4. CHGDDMTCPA AUTOSTART(*YES) PWDRQD(*USRID)
    画面ショット
  5. ターゲットシステム(参照されるデータエリアを持つ区画)でDDM通信のサービスを起動させます。
    ※既に設定済みの場合は必要ありません。
  6. STRTCPSVR SERVER(*DDM)
    画面ショット
  7. ソースシステム(参照する区画)でリレーショナル・データベースの設定をします。
    ※既に設定済みの場合は必要ありません。
  8. ADDRDBDIRE RDB(参照先区画の任意名称) RMTLOCNAME('参照先区画のIP' *IP) RMTAUTMTH(*USRID)
    画面ショット
  9. ソースシステム(参照する区画)でデータエリアを作成します。
  10. CRTDTAARA DTAARA(ライブラリ名/データエリア名) TYPE(*DDM) RMTDTAARA(参照先区画のライブラリ名/参照先区画のデータエリア名) RMTLOCNAME(*RDB) RDB(リレーショナル・データベースで追加した参照先区画の任意名称)
    画面ショット

※注意点として...

  1. DDM通信、リレーショナル・データベース共に認証方式を"*USRID"としている為、ソースシステムでデータエリアを参照するジョブを実行しているユーザーがターゲットシステムにも存在している必要があります。
  2. ソースシステムではDSPDTAARAコマンドは参照先の設定値が表示され、データエリアの内容を確認することが出来ません。
  3. RTVDTAARAコマンドでのみデータエリアの内容を確認することが出来ます。
  4. CHGDTAARAコマンドでデータエリアの内容を変更することも出来ます。

サイト内全文検索

PAGE TOP