メニューボタン
製品・技術情報2019.08.22

IBM i (AS/400)でパケットキャプチャする方法はありますか

Question

IBM i(AS/400)で接続検査や通信経路状況の確認などを行いたいと思っています。

PINGコマンドやTRACEROUTEというコマンドは知っているのですが、もう少し詳細なパケットキャプチャが取得できるコマンドはありませんか。

Answer

TRACEROUTEよりも細かいパケットキャプチャの取得について、IBMi(AS400)には通信トレースを収集するコマンドが用意されており、TRACEROUTEよりも細かいパケットキャプチャを取得することが可能です。

通信トレースの取得は、以下のコマンドを使用します。

  • STRCMNTRC(通信トレースの開始)
  • ENDCMNTRC(通信トレースの終了)
  • PRTCMNTRC(通信トレースの印刷)
以下は、それぞれのコマンドイメージです。

STRCMNTRC

画面ショット

例1:

STRCMNTRC CFGOBJ(ETHLINE) CFGTYPE(*LIN)
パラメーター:CFGOBJ(xxxxxxxx)にはトレースを取得したい。回線記述名を指定します。
パラメーター:CFGTYPE(yyyy)には上記回線記述のタイプを指定します。
基本としては上記で、回線記述ETHLINEへのすべてのパケットキャプチャを取得できます。

例2:

STRCMNTRC CFGOBJ(ETHLINE) CFGTYPE(*LIN) DDITRCOPTS(*RMTIPADR) RMTIPADR('10 .1.150.42')
パラメーター:DDITRCOPTS(wwwwwwwww)はフィルターの指定です。
パラメーター:RMTIPADR('zzz.zzz.zzz.zzz')は対象のリモートIPアドレスを指定します。
上記例のように、*RMTIPADRを指定した場合には、該当の回線から特定のリモートIPアドレスに対しての通信をキャプチャできます。
特定のリモートシステムへの通信のキャプチャを取得したい場合には、上記のように指定すると良いでしょう。

ENDCMNTRC

画面ショット

例:

ENDCMNTRC CFGOBJ(ETHLINE) CFGTYPE(*LIN)
STRCMNTRCで指定した、CFGOBJ値、CFGTYPE値をそれぞれ指定してください。

PRTCMNTRC

画面ショット

コマンド例:

PRTCMNTRC CFGOBJ(ETHLINE) CFGTYPE(*LIN)
PRTCMNTRCでも基本的にはCFGOBJ値、CFGTYPE値を入力するのみで問題ありません。
特定の情報のみ可視化したい場合にはそれぞれのパラメーターの詳細をご確認いただき、出力する内容を絞ると良いでしょう。

PRTCMNTRCを実行すると、トレース情報が出力されます。トレースでは以下のような内容が記載されます。

スプールには、

  • 取得時の情報
  • トレースの簡単な見方
  • 実際のトレース
が記されています。

画面ショット 画面ショット 画面ショット 画面ショット 画面ショット

通信トレース機能については以下のナレッジセンターの情報も合わせてご確認ください。

標準通信トレース
https://www.ibm.com/support/knowledgecenter/ja/ssw_ibm_i_73/ddp/rbal1standardtrace.htm

サイト内全文検索

PAGE TOP